KS学院堀西校 受験生の皆さんへ

いよいよ明日になりましたね。
夏休みに受験の日数を数え初めてから、あのときはまだ150日くらいあったように思いますが、それからの日々。実に過ぎるのが早かったと思います。
あの頃はまだ部活も引退したばかりで、正直、自分たちの実力がどのくらいなのか。登るべき山がどのくらいの高さなのか。全くといって自覚もない状態からのスタートでした。



夏休みに一番心を砕いたのは、みんなの心を受験に向けること。やれ運動会の練習だなんだと部活を引退してできた空いた時間をいかに勉強に向かわせるか。心のどこかにある自分だけは大丈夫的な切羽詰まっていない状況から、現実問題としてしっかりやらなければ厳しい現実が待っているということを、避けることのできない大きな壁がすぐそこに来ているということを理解してもらうこと、肌で感じてもらうこと。これが大きな課題でした。
もともと真面目な子達だったから、そしてそれなりに自力もつけてきた学年だったから、しっかりと目標を見据えて行動することさえできれば、きっと目標まで届くだろうと思いつつも、全員がそうやってきちんと受験に真摯に向き合うまで時間がかかりました。労力がかかりました。そんな学年でした。

だけどね、2学期の期末テストが終わり、12月を迎え受験勉強が本格的にスタートし、年があけ、模擬テストの結果とにらめっこをし、そんなこんなでどんどん現実と向き合うようになって、今いる子達は一人も逃避することなく。しっかりと現実と向き合い準備してきたように思います。

それでも受験は初めての経験ですからね。きっと大いに緊張もして、今日は不安な夜を迎えるかもしれない。今日もみんな塾にいて、みんなといるときはなんとなく安心していたけど、今日の夜は不安に押しつぶされそうになるかもしれない。

でも、絶対大丈夫。明日をしっかりと乗り切れるだけの準備を皆さんは出来ている。いったい何問の過去問を解いてきた?いったいどれだけの時間を暗記に費やしてきた?いったいどれだけの時間を書くこと、声を出すことに費やしてきた?どれだけ上がったり、下がったりを繰り返してきた?十分すぎるほどやったよね。絶対大丈夫!!
そう僕は確信しています。

明日は月並みな言葉だけど、自分を信じてしっかり闘ってきなさい。自分の中にあるものと。そしてそれに打ち勝って、自分の実力を出し切ってくれることを祈っています。

頑張れ!!おまえ達!!絶対大丈夫!!


以上 お疲れ様でした。
文責:依田