バブリーダンス。久々にYoutubeで見てみたら...

 日経新聞の記事に飛びます
去年、Youtubeで爆発的人気を誇った「バブリーダンス」。
TV番組で紹介されたり、CM出演もあったりで、よくご存知の方も多いことでしょう。



NHK紅白にも郷ひろみさんのバックダンサーとして出場しましたしね!

ブログでも紹介しようしようと思いながら、結局紹介しないままになっていました。

「塾と関係なくない?」と思う方もいると思いますが、勉強の話ばかりでもつまらないですし、小学生、中学生、高校生(と保護者の方々)が興味を持ちそうな面白い話は、何でも書きたいと思っています。

話を戻しますが、私自身バブリーダンスのことをすっかり忘れていて、バブリーダンスの動画が公開されてからもうすぐ1年が経とうとしています。

久々にYoutubeで見たらびっくりしました。

再生回数がなんと6400万回を超えてます!(2017/09/16 公開)

有名アーティストのPVでもないのに1年足らずでこの再生回数を達成するとは、形容する言葉が見つからないほどのモンスター動画です。
公開1ヶ月で900万再生でも恐ろしいと思いましたが、まだまだ勢いが衰えていないという印象を持ちました。
動画の内容が、日本のバブル時代のパロディという、世界的に見ればかなり狭いテーマを扱っているにも関わらず、この再生回数の多さは驚くべきものです。


参考
「世界的に有名」なペンパイナッポーアッポーペン(ピコ太郎さん)の動画

2016/08/25 に公開で1.3億回再生(公開から約2年間)
公開1か月後で再生回数約500万。


「バブリーダンスって何?」

という人のために、あるいは

「聞いたことあるけど詳しくは知らないよ」

という人のために

バブリーダンスに関わる情報をまとめました。


バブリーダンスとは
2017年に大阪府立登美丘(とみおか)高等学校ダンス部が、「日本のバブル時代に流行した、ワンレンボディコン女性たちが『ジュリアナ東京』のようなダンスホールのお立ち台で踊る」というテーマで、同じく当時流行した荻野目洋子さんの楽曲『ダンシング・ヒーロー』をバックに、キレッキレのダンスをするというもの。曲中、バブル時代ネタで有名な平野ノラさんのネタ音声を差し込むなどお笑い要素もふんだんに盛り込まれている。

知らない方は見たほうが早いですね。



ダンスを少しでもやったことがある人なら(したことがなくても)わかると思いますが、めちゃくちゃレベルが高いダンスパフォーマンスですよね。踊っているのは全員現役の女子高生です。しかも公立高校です。そして、この登美丘高校は全国レベルの高校ダンス大会で軒並み上位の成績を収める強豪校なのです。

2016年
全日本高校生ダンス部コンぺティション 全国決勝大会 優勝
日本高校ダンス部選手権 ダンススタジアム 優勝
ほか

2017年
全国高等学校ダンス部選手権 優勝
日本高校ダンス部選手権 ダンススタジアム 準優勝
ほか


ダンスのレベルは全国クラス。
さらに、インパクトの高いダンステーマだったことも相まって、
あまりにも有名になりすぎて、元ネタの方たちとのコラボまで!

荻野目陽子さんと!
ダンシング・ヒーローもリバイバルして32年ぶりにブレイクしました。



平野ノラさんと!(ダンスは19'25''あたりから)


登美丘高校がここまでブレイクした理由は、第一にはもちろん「ダンスがうまいから」なんですが、楽曲選択とお笑いを取り入れたコミカルなダンスの構成、そしてそれを目の肥えたYoutube視聴者が絶賛するレベルで映像表現をしたことも大きいと思います。

その最大の功労者は、登美丘高校のコーチのakaneさん。

ダンス部の生徒たちを引っ張り、舞台に立つダンサー全員を高いレベルに持って行く指導力もさることながら、すべての振付を考え、ダンスに使う音楽も自ら編集しているそうです。
Youtubeへのアップロードと動画編集も彼女自身で行っているようですので、プロデュースからプロモーションまでほぼ一人でこなしていることになります。

まさに指導者の鑑(かがみ)ですね!


また、このときのキャプテンの林沙耶(はやしさや)さんは、現在「伊原六花(いはらりっか)」として芸能界デビューを果たし、2018年7月スタートのテレビドラマ『チア☆ダン』に出演しています。

伊原六花さんと『チア☆ダン』の話も、書き出したらまた長くなるので、ちょっと豆知識的な感じで箇条書きにしておきます。

・林沙耶(伊原六花)さんは子どもの時からミュージカルや劇団で活動していた。
・TVドラマ『チア☆ダン』は2017年に映画として上映された『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の続編。
・『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の主役であった広瀬すずさんは、伊原六花さんと同じ事務所(フォスター)の先輩。
・『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』はタイトルの通り実話を元にした映画。福井県立福井商業高等学校がアメリカのチアダンス選手権大会で優勝を果たした。(これまたスーパー女子高生の話)

日本はチアダンスも強いんですよね。これもいつか記事にしたいです。


全国レベル、世界レベルを目指すには、優れた指導者の存在も大切なことですが、圧倒的な練習量が一番大事だと思います。当然ながら分野によっては身体的に恵まれていたり、才能が必要だったりする(そうでなければスタートラインにすら立てない)ものもありますが、それでもそのハードルを超えた者はさらに練習をします。

ものすごい練習を積むことで、高校生でもプロ顔負けの力を発揮できること、そして観る者に感動を与えるんだなあと改めて感じました。


さて、このバブリーダンスの動画はいったいどこまで伸びるのでしょうか。
個人的には1億回再生は突破してほしいと思っています。




蛇足ですが、バブリーダンスの関連動画に高確率で「DA PUMP / U.S.A.」が現れます。

洋楽カバー&リバイバル
ださカッコいい&おもしろカッコいい

あたりが今の流行なのだろうと推測します。

文責:D