県立高校入試が終わって

今年の県立高校入試は、残念ながら全員合格を達成することはできませんでした。



発表前の自己採点でかなり厳しい状況だったことはわかっていたのですが、やはり受験生が結果を持ってきて落ち込んでいる姿を目の当たりにすると
自分の指導のふがいなさを痛感します。

合格者達が次々と報告に来てくれる中で、気丈に振る舞いながらも辛い結果を報告する心中を察すると心が痛くなります。

それでも、ここでの悔しさを絶対忘れることなく、3年後の大学受験、この先の就職試験、それ以降の人生の壁に挑んで乗り越えて欲しいと思います。

ここでの負けはきっとその後の人生にプラスになる。

いつの日かそう言えるようにこの先の人生を頑張って欲しいと思います。

今年度の入試は昨年度の入試に比べ、記述問題が大幅に減りました。
その反面思考力を問う問題が数多く見られました。
しっかり問題を読み込む能力、素早く読む能力、素早く処理する能力、じっくり考える思考力。勤勉なだけではなく、硬軟両方の力が必要になります。

ますます実力差が出る入試問題になります。
そこに備えた対策をしっかりやっていかねばなりません。