学年末テスト

県立高校入試が終わってほっと一息つく間もなく、教室では学年末テスト対策、新年度説明会と立て続けに行事がありました。



すっかり時間は過ぎ去ってしまいましたが、中3生の皆さんお疲れ様でした。

学力検査の日はみんな次の日の面接対策をする前に解答速報を片手に自己採点。

目標点数に到達してホッと胸をなで下ろす子もいれば、出来なかったと落ち込む生徒も…。

ただそこからもう一度気持ちを持ち上げて面接練習に挑む姿を見て、みんなたくましくなったなあと感心しました。

「受験」という制度。

受験する本人だけでなく、見守る保護者の皆様にとっても、辛く大変な試練ですよね。

でも、こういった厳しい経験を乗り越えて、人は成長し強くなっていくのだと思います。

受験を乗り越えるために、塾での様々な試練を乗り越えて、実力と自信をつけていきます。

そしてその姿勢は後輩達に受け継がれていくものだと信じています。

うちのスタッフや教師陣はかつての教え子ばかり。

彼らも塾で厳しく育てられて「受験」という人生の壁をきちんと乗り越えてきました。

教室ではそんな彼らが厳しい言葉をかけながらも、心の中では暖かいまなざしで後輩達を激励しています。

とても正しい姿だと思います。

今回学年末テストの勉強をしている中1・中2の生徒達、それをなんとなく見ている小学生の生徒達。

彼らにもきっとこの魂が受け継がれていくことを信じています。